お知らせ

2018年6月16日(土)第26回定時総会・記念講演のご案内

新緑の候、皆様にはますますご清栄のことと存じます。
さて、TCフォーラム(納税者権利憲章をつくる会)は、第26回定時総会を下記のとおり開催することになりました。
2011(平成23)年に成立した改正国財通則法に基づく税務調査が、2013(平成25)年より始まり5年5か月が経過しました。この間通則法の改定が行われてきましたが、2017(平成29)年度の税制改正は、国税犯則取締法が廃止となり国税通則法への編入はとなる大きな改定でした。特に126条に煽動罪の規定がそのまま存続し、納税者の権利を侵害するおそれのある看過できないものです。
記念講演は、白鴎大学名誉教授石村耕治氏を講師に、『共謀罪(テロ等準備罪)や煽動罪の怖さ』をテーマに、その危険性について学びこれからの運動の礎としたいと思います。
そして、参加者の皆様からの貴重な経験を交流しあい、真の納税者権利保護のための法制化を目指したいと思います。
皆様にはご多忙のことと存じますが、お誘いあわせのうえ、第26回定時総会に是非ご出席くださいますようご案内申し上げます。

日 時 2018年6月16日(土曜日)午後1時30分~4時30分
会 場 中央大学 駿河台記念館 280号室
アクセスマップ(PDFファイル)
(JR御茶ノ水駅下車 徒歩3分・丸ノ内線御茶ノ水駅下車 徒歩6 分)
千代田区神田駿河台3-11-5 ☎03-3292-3111
第1部 記念講演『共謀罪(テロ等準備罪)や煽動罪の怖さ』
~納税者と税務専門職などとの信頼関係、人権を蝕む法制に異議あり~
講師 白鷗大学名誉教授 石村 耕治 氏
第2部 第26回定時総会(記念講演終了後)

▼クリックするとPDFのダウンロードが出来ます。